好きなことで生きていくってどういうこと?

はじめまして、エヌ(@nmintin5)と申します。

「好きなことで生きていく。」

これからの時代では、これは夢として掲げるばかりではなく、生存戦略としての意味合いもあるものになっています。

AIやロボットの発達によって、多くの仕事はそれらに代替されてしまうからです。

でも、好きなことを突き詰めていって、自分にしかできないもの(ブランド)を築き上げていくことができれば、食いっぱぐれる心配はなくなります。

いま僕は社会人1年目の代なのですが、就活していた頃はもっぱら「好きなことに携わる仕事」を目指していました。

洋服がずっと好きだったので、アパレル業界を志望していました。

洋服のことを考えることが仕事になり、またスーツを着なくていい(毎日洋服を着ることができる)からという動機でした。

で、結果就職はしなかったのですが、好きなファッションを生業とすることには成功しています。

でも、好きなことを仕事にはしているものの、冒頭で書いたような「自分にしかできないこと」ではないと気が付きました。

会社に所属して好きなことをやっても、それは会社に帰属するのです。

つまり会社に貢献しているだけであって、個人の力には結びついていないわけなんです。

いくら会社で自分が好きだとか得意だっていうことをやっても、個人の成果にならないんです。

これって会社に依存している生き方だなあって感じています。

最悪会社が潰れたら、自分はそれからどうすればいいのか困ってしまいます。

だから、そうならないために自分の好きを突き詰めて、替えが利かない存在にならなきゃいけない。

その一歩として、頭の中を整理する意味でも、自分の考えを発信していくことにした。そんなところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする